CSR方針・コンプライアンス基本方針・SDGsへの取り組み

COMPANY CSR
  • HOME
  • CSR方針・コンプライアンス基本方針・SDGsへの取り組み

CSR方針

CSR

CSR方針

鈴木治作株式会社は、経営理念に基づき、持続可能な社会を実現するため、事業活動を通じて、お取引先・従業員・株主等、すべてのステークホルダーとの信頼関係を構築し、以下に掲げる指針に沿ってCSR活動を推進します。

指針

(1)法令を遵守し、社会規範に沿った責任ある行動をとります。
(2)環境に配慮した活動を行います。
(3)従業員を尊重し、安全で働きやすい職場環境作りに努めます。
(4)お取引先からの信頼を獲得し、公正で誠実な取引を行います。

CSR推進体制

当社取締役を委員とし、当社代表取締役を委員長とする「CSR委員会」を設置します。

コンプライアンス基本方針

BASIC COMPLIANCE POLICY

1.基本的な考え方

鈴木治作株式会社の役員・社員は、事業活動にあたり、経営理念に基づき、諸法令・社内規程を遵守するとともに、社会規範に沿った責任ある行動をとります。

2.コンプライアンス体制

(1)当社取締役を委員とし、当社代表取締役を委員長とする「コンプライアンス委員会」を組織し、当社のコンプライアンスの徹底を図ります。
(2)「コンプライアンス委員会」はすべての社員に、コンプライアンスの継続的な啓蒙を図ります。
(3)「コンプライアンス委員会」は、コンプライアンス上問題となる行為については、速やかに是正するとともに、原因を分析し、再発を防止します。

3.役員・社員行動基準

(1)人権を尊重し、差別・ハラスメントは行わない。
(2)環境に関する条約及び諸法令を遵守し、環境に配慮した活動を行う。
(3)業務遂行に当たっては、法令等及び社内規程を遵守し、公正を旨とする。
(4)貿易に関する国際的な取決めを遵守する。
(5)情報管理の重要性を深く認識し、守秘義務を守り、情報等の適切な管理に努める。
(6)公私のけじめをつけ、会社の利益に反する行為をしない。
(7)透明公正かつ誠実を旨とし、節度を越えた接待・贈答等は行わない。
(8)財務・会計に関する記録は、関係法令に従い、確実公正に行う。
(9)反社会的勢力には毅然として対応し、利益供与は一切行わない。
(10)この基準に反する行為については、これを発見した場合、速やかに上長、またはコンプライアンス委員会に報告・相談する。

SDGsへの取り組み

SDGs

2015年9月、ニューヨーク国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
「誰一人取り残さない - No one will be left behind」を理念とした2030アジェンダ。国際社会が2030年までに貧困を撲滅し、持続可能な社会を実現するための重要な指針として記載された国際目標が、SDGs(Sustainable Development Goals)です。
鈴木治作株式会社では、このSDGsを実現するべく、その活動に積極的に取り組んでおります。

img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img
  • img